1. HOME
  2. お知らせ
  3. 1月鮨Nightのご報告

1月鮨Nightのご報告

1月18日は、猪年最初の鮨Nightでした。

徳竹の料理の後にお鮨、という順番だったのを少し変えてご提供しました。
和食の職人ならではのチョット変わったお鮨です。
酢飯も素材にこだわっているので、一味違います。
女将は、酢飯に入れる“アレ”のお蔭で、酢飯とネタがお互いに良い味を引き出し合っている!
にぎりにする意味が出る!と、思うのです。

通常営業のコース料理にも、お鮨が数種類入っております。ご賞味下さい。

《 献 立 》
ーコンとほうれん草のおかゆ
氷魚(鮎の稚魚)
花わさびのお浸し

 

 

 

 

にぎり 勘八(魚体25kg、6日間寝かせました)

 

 

 

 

菜の花と平目の昆布締め

八寸(平貝、タラコの生姜煮、ぜんまいの信田巻、アンコウの煮凍り)

にぎり 鮟肝と西瓜の奈良漬け

 

 

 

 

巻物  子持ち若芽と海老芋のポテトサラダ

 

 

 

 

お椀 手造りがんもと春若芽

 

 

 

 

にぎり 尼鯛の塩〆 煎り酒で

 

 

 

にぎり 黒むつ粕漬け

 

 

 

 

牡蠣の柚子〆

 

 

 

 

にぎり 鰆の漬

 

 

 

 

穴子の白煮

 

 

 

 

にぎり スルメ烏賊と肝

 

 

 

ここまで召し上がったら、2種類をアンコール;)

赤出汁
デザート

日本酒は勿論、ワインにも合う鮨と料理でした。

お知らせ

お知らせ一覧